2/3ページ

2/3ページ
  • 2021.08.23

初めてのパリ【シテ島】

さて、パリで最初の観光は「シテ島」。 シテ島(シテとう、仏:Île de la Cité)は、サン=ルイ島と並ぶ、パリの中心部を流れるセーヌ川の中州である。パリ市内で最も古い歴史をもつパリ1区及び4区に属し、“パリ発祥の地”とも称される。ユリウス・カエサルの『ガリア戦記』では、すでに紀元前1世紀にパリシイ族(Parisii)が住んでいたことが述べられている。 Wikipedia 赤丸で囲んである部 […]

  • 2021.08.07

初めてのパリ【迷子編】

初めてのパリ旅行。ホテルに着き一夜明け、まずは「シテ島」にある教会を目指すことに。 シテ島はセーヌ川の中州にあり、ホテルから歩いて行けると思い込んでいたのだがマップを見ながら歩けど歩けど辿り着かないどころか、本物の迷子になっていた。 かれこれ1時間は歩いたが、見渡す限り日本でストリートビューでシミュレーションした道がどこにもない。 誰かに聞いてみようか…。噂ではフランス人は冷たいと聞く。道行く人を […]

  • 2021.07.24

初めてのパリ旅行【到着編】

さて前回の続きです。 初めてのパリ旅行【出発編】はこちら↓ エールフランスでシャルルドゴール空港に到着。事前調査で「シャルルドゴール空港は迷路」とネット情報でめちゃめちゃ見ていたので、正直荷物受け取ってから高速バス乗り場まで行けるかドキドキザワザワ。※何を隠そう、超絶方向音痴ですねんワタシ( ˙-˙ ) 事前に高速バスまでの空港内の道のりを詳しく書いてあるブログがあったので、通過する場所とか曲がる […]

  • 2021.07.23

初めてのパリ旅行【出発編】

今から遡ること6年前。私は人生初のパリ旅行へ行くことを決断した。 「なぜ、パリ?」と聞かれたが、「呼ばれたから」としか言いようがないのです。 海外旅行経験もさほどある訳でもなかったし、香港とアメリカしか行った事がなかったので正直ヨーロッパは「テレビの中の世界」くらいに思っていた。 当時の私は家でゴロゴロする生活を何か月も送っていたのだが、いつもの如く「寝釈迦のポーズ」でテレビを観ていると「ルーブル […]

  • 2021.05.05

チェコ共和国

先日、NHKで「ヨーロッパトラムの旅」でチェコのプラハをやっていたので、チェコへ行ったときの話を書いてみる。 そもそもいつ行ったかを思い出すため写真を漁っていたら、なんと2016年11月だった。遠い記憶を手繰り寄せる。 覚えているのは、チェコ共和国は「ユーロ」という通貨ではなく「チェコ・コルナ」という通貨であるため当時ユーロしか使ったことのなかった私はそれだけで軽くビビッていた。ユーロであれば郵便 […]

  • 2021.05.03

三方よし

「マーケティング理論は色々とあって小難しい」と思っている一人です。 4C理論、イノベーター理論、PEST、SWOT、などなど聞いたその時は納得するが、いざ実践となった時に頭の引き出しに入ってないことも多いと思う(私の場合だけかもしれないが) これまで私が読んで聞いて、分かりやすく腑に落ちたのは○○理論などではなく、江戸時代に近江商人の心得「三方よし」である。 三方よしとは 買い手よし 売り手よし […]

  • 2021.04.26

DDR博物館

DDRとは ドイツ民主共和国(ドイツみんしゅきょうわこく、ドイツ語: Deutsche Demokratische Republik; DDR)、通称東ドイツ(ひがしドイツ、独: Ostdeutschland)または東独(とうどく)は、第二次世界大戦後の1949年にドイツのソ連占領地域に建国された国家。 引用元:Wikipedia ※1990年に東西が再統一されドイツ […]

  • 2021.04.18

映画「グッバイ、レーニン!」

グッバイ、レーニン!-字幕版Amazonprime Amazonプライムで「グッバイ、レーニン」を観た。内容はまだ1970年代ドイツが東西に分断されていた時代、主人公のアレックスの母親は「祖国活動賞」も受賞するほど社会主義教育に熱心に取り組み二人の子どもを育てていた。大人になったアレックスは建国40周年で自由に東西を行き来したい市民デモに参加しているところを母親に目撃され、母親は倒れてそのまま昏睡 […]

  • 2020.08.14

ベルリンの壁

2018年8月。私はドイツの旧首都ベルリンへ行った。 私が中学1年生の時に「ベルリンの壁崩壊」が連日ニュースで取り上げられていたが、当時から興味があったわけでもなく、大人になってからも特に気に留めた事もなかったのだが、各国を旅行するにあたり、歴史について書籍などを読み進めていくうちに「ベルリンの壁」についてぶち当たり、「なぜ」が大きくなっていったのだ。「なぜ」は書籍やウェブサイトを読めば分かるのだ […]

  • 2020.07.26

MECEとは

MECEと書いて、ミーシー(ミッシー)と読む。「Mutually(互いに) Exclusive(重複せず), Collectively(まとまりが、全体が ) Exhaustive(ダブる事ない)」の頭文字を取って、MECE。Wikipediaで調べると以下のように書いてある。 「相互に排他的な項目」による「完全な全体集合」を意味する言葉である Wikipediaより抜粋:https://ja.w […]